2010年07月30日

いよいよ公開収録迫る!

いよいよ、8月1日の「ふろいこか〜ラジオ公開収録」が目前です。
みなさま、夏大好きのラッキー植松です。
これまで人知れずコッソリと収録し、後の編集で何とかして来た「ふろいこか〜ラジオ」が
皆様の前に姿を現す時がやってまいりました。
この公開収録は当初の予定より大掛かりなイベントとなって来ております。
金澤美也子さんのライブもあるし、美人Pにも生で会えます。
また総合司会には、NHKで全国的に有名な「京都銭湯部」よしだれな部長を迎えます。
しかも、今回、我々ふろいこか〜三人衆が歌を歌うと言う訳の分からん事にまでなっております。
・・・一体我々はどこへ向かおうとしているのでしょうか?

松本氏はキッパリと言いました「目指すは紅白出場ですよ!」と。

※まだ若干のお席があります。参加希望の方はお早めに furoikoka@yahoo.co.jp までお申し込みください。
10.7.19寿温泉マイクセット.jpg
posted by ふろいこか〜 + 銭湯文化サポーター's at 10:51| 大阪 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 聖天湯まつり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月26日

第4回 放送開始!

こんにちは、タカハマです。
今回、ご協力頂きましたのは、大阪市港区にあります寿温泉さんです。
寿温泉脱衣場.jpg

録音していた脱衣場には、明るい日差しがたっぷり差し込んで
とても幸福な午後のひとときでした。
今度は用事なしでゆっくり来たい、そう思ってしまう居心地の良さです。

いつものオーナーさん登場コーナーにお出まし下さったのは
こちらの若奥さん。
ご結婚当時のお話から、弁天町ならではのお客さん話まで
ざっくばらんにお話し下さいました。

ではどうぞお楽しみ下さい!

<寿温泉データ>
 住所   大阪市港区弁天4-10-12
 営業時間 16:00〜24:00
 定休日  毎週日曜日

※番台にて、寿温泉さんの絵柄の「ラッキー銭湯ポストカード」が購入できます。
ご入浴の際には、ぜひ一度手にとってご覧ください。
お気に召しましたらご購入お願いします!

posted by ふろいこか〜 + 銭湯文化サポーター's at 06:10| 大阪 ☁| Comment(1) | TrackBack(1) | 第4回(大阪・寿温泉) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月22日

風呂グレッシブ・ピアノでふろいこか〜 in 聖天湯

どういう風に収録しているのか気になってしかたないリスナーさん、こんばんは。
林です。

以前、公開録音について松本さんから予告がありましたが、その詳細が決まりました。

8月1日(日)午後3時〜 
聖天湯さん(大阪市福島区)にて
題して「風呂グレッシブ・ピアノでふろいこか〜 in 聖天湯」
参加料:980円(飲み物、おやつ、聖天湯入浴券(当日使用不可)付)
baka-music[1].jpgofurodite[1].jpg
「ふろいこか〜ラジオ」のテーマソングを作ってくださった金澤美也子さんをゲストに迎え、
楽しいおしゃべりと、ミニコンサート、さらには放送では流さない企画も盛りだくさんです。
どうぞ、気軽に遊びに来てくださ〜い。

詳しくは下記のリンクをご覧ください。
http://www.sairosha.com/meisento/furoikoka.htm

申込みは、下記メールアドレスに、お名前、人数を書いてお送りください。
furoikoka@yahoo.co.jp
posted by ふろいこか〜 + 銭湯文化サポーター's at 01:40| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 聖天湯まつり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

跡継ぎの決心

暑い夏は水風呂が恋しい!というみなさん、こんばんは。
一年中水風呂大好きな林です。

森温泉さんの震災時の写真は、凄まじいですねえ。
普通の生活が一瞬で破壊される地震の怖さを改めて感じます。

今回の森温泉さんの収録は、
女将さんのゆきえさんにお話を伺ったのですが、
収録後、ご主人や息子さん夫婦も出てきてくださり、
一緒に写真を撮らせていただきました。
森温泉集合写真.JPG

息子さんは森温泉さんを継がれる前にお父さんが体調を崩されて、
一時的にサラリーマンをしながらお手伝いに入られていた時期があるそうですが、
そのとき、常連さんから「継ぐにゃろ」とか「頑張って継いでや」と声をかけられたことが、
少なからずサラリーマンを辞めて継ぐ決心に繋がったとおっしゃっていました。

この話を聞いて、お客さんの言葉も捨てたもんじゃないなと。
銭湯経営者を勇気付けることが、ちゃんとできるんだなと、思った次第です。

森温泉さん、サイコーです!
posted by ふろいこか〜 + 銭湯文化サポーター's at 01:04| 大阪 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 第3回(神戸)森温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月19日

お風呂屋さんという場所

こんにちは、タカハマです。

突然ですが、15年前の神戸東灘区の写真を見て頂きたいと思います。
森温泉sinsai4[2].jpg

今回、ご協力頂いた森温泉さんもその中にありました。
これがそのときの写真です。
森温泉sinsai1[1].jpg

崩れる町の中で、森温泉さんは機械室だけが残されました。
今からは想像できない姿です。
ここから現在に至るまでの道のりがどれだけのものだったか。
臨時で公園にお風呂を作り、その後、営業を再開し
ずっと町を支えてこられました。
どこの誰か知らないけれど銭湯で会うだけ、という間柄があります。
その名前も知らない人同士が再開後の森温泉で、
ただ相手の無事を知って喜ぶ、そんな光景が当時見られたそうです。
深刻さは変わっても、現在も同じことがお風呂屋さんでは繰り返されます。
女性A「奥さん、今日はちょっと遅いんちゃう?」
女性B「そやねん、ちょっとお出かけしててん。」
女性A「ああ、そう。そらよかったねぇ。」
以前、たまたま聞いた常連さんの会話です。
相手の変化を感じとり、気にかけ、問いかける。
なんでもなかったら、あっそうと切り上げる。
お風呂屋さんは、日々の再会の場なんですね。
困難の中にあっても、その場を提供し続けてこられた森温泉さん。
ご家族の優しさと底力でお湯が沸かされています。
これは入らないと!
posted by ふろいこか〜 + 銭湯文化サポーター's at 01:25| 大阪 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 第3回(神戸)森温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。