2010年09月29日

黒板作戦

まいはーい。神戸在住の松本康治です。
トツゼンの秋風で体調崩してしまいました。

ところでラジオの話に出てきましたが、たちばな湯さんの店先にはこんなブラックボードが出ています。

DSC_1766.jpg

古いお風呂屋さんの場合、営業時間に「ゆ」の暖簾が揺れている以外、店先に何の表示もないことが多いですね。
それはそれでシンプルな美しさと風情があり、ハデハデしい宣伝がベタベタと貼られているよりもワタクシは好きです。

でも、銭湯ビギナーの方にとってはどうでしょう。
ときどき前を通って気になりながらも、なんの誘い文句もないために、なんとなく敷居を高く感じてなかなか暖簾をくぐる勇気が出ない、という方も多いのではないでしょうか。
だとしたら、とても残念です。

食堂や居酒屋でも、何の表示もないより、こういった小さな看板に「本日のオススメ○○○円」などと書かれてあるほうが安心して入れます。

ワタクシはあちこちの銭湯をめぐりつつ、このかわいいブラックボード作戦をすべからく導入すべきではないかと常々考えておりました。これなら風情を損なうこともありません。

それだけに、たちばな湯さんで初めてこれを見たとき、「そう、これですがな!」と思わずガッツポーズをしてしまいました。

こういったナイスなアイデアは、あちこちの銭湯でどんどんマネしまくってほしいなーと思います。


posted by ふろいこか〜 + 銭湯文化サポーター's at 16:33| 大阪 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 第6回(神戸・たちばな湯) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。