2011年09月26日

第18回アップです

こんにちは、タカハマです。

急に秋めいて、夜にはすっかり冷えるようになりましたが
お変わりないでしょうか?

さて、今回はどこでしょう?営業前に写真を撮ってしまいました…。
DSC04140.jpg

ヒントは尼崎です。
うかがう前に、すぐ近くにある商店街を散策しました。
思わぬプレゼントをもらって、うろたえる場面もありましたが
なにかとおもしろい商店街でした。
DSC04076.jpg

DSC04078.jpg

おかみさんの相槌がとても好きで、できるだけ残しました。
話される抑揚もゆったりとしていて、聞いていて気持ちよくなりますよ。
DSC04110.jpg

あー、早く聞きたい、ですね?
今回は意図せずにすてきなご家族がご協力くださいました。
そのご家族の暖かさが、お客さんへも注がれています。
居心地よすぎて長居してしますお風呂屋さん、尼崎の第一敷島湯さんです。
何かに包まれたいときにぜひどうぞ。



DSC04125.jpg

<第一敷島湯データ>
住  所:尼崎市杭瀬本町1-25-5
営業時間:15:00〜23:30
休 業 日:火曜日
電話番号:06-6481-7120
posted by ふろいこか〜 + 銭湯文化サポーター's at 00:00| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 第18回(兵庫・第一敷島湯) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月07日

われわれをダメにしたあの銭湯へ、ついに!

まいはーい。松本康治です。
グレートなお知らせです。

当ふろいこか〜ラジオ、今年4月には1周年記念放送として、九州・汐湯編を4回に分けて毎週オンエアいたしました。
この偉大なる究極レトロ&ゴージャス銭湯にわれわれがいかにヤラれ、ダメ人間になってしまったかは、放送を聞いてくださった方ならわかっていただけたことと思います。

ここでリスナーのみなさまに朗報です。
その日本最高の銭湯・汐湯にみんなで行きましょうではありませぬか、個人注文不可の汐湯の割烹料理を食いまくろうではありませぬか、ついでに別府で温泉めぐりもブチかまして帰ろうではありませぬか、というツアー企画が立ち上がっております。
それがコレだっ!
http://www.sairosha.com/meisento/furoikoka/sioyu2011.htm

そしてなんと、あさっての9月9日が申し込みの締め切り日なのですね。
現在15名前後の方からの申し込みをすでにいただいておりますが、まだいけます!

九州へは関西から船に乗ってナイト・クルージングで優雅にまいります。
別府では地獄蒸し料理のオプションもあり。
各種団体割引利用で個人旅行よりもオトク。

これをのがす手はないね!

お風呂が好きな方、旅が好きな方、そして当ふろいこか〜ラジオを聞いてくださっているみなさま方、お申込みを熱烈歓迎でお待ちしておりまする!

sioyu01.JPG
汐湯のしびれる雄姿
posted by ふろいこか〜 + 銭湯文化サポーター's at 12:09| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月05日

マジーめ〜

まいはーい。松本康治です。
妙な台風が過ぎ去りましたね。

ところでみなさん女湯特別編、お聞きになりましたか?
当然のことながら、ワタクシも聞きました。
そして、マジーの雄叫び「来てねー!」を聞いた瞬間、1年半にわたってこのラジオに出演し続けてきたワタクシのささやかなる自負が、木っ端微塵に粉砕される音がはっきりと聞こえました。

勝てない。この人の絶好調には死ぬまで勝てない・・・。

ここ数年でワタクシにはっきりそう自覚させた人物は、ウサイン・ボルトとマジーだけです。

じつを申しますと、ワタクシはこの女湯特別編の収録現場に「写真撮影係」として同席しておりました。
したがって、そこで風を切って疾走するマジーの鬼気迫る姿を目撃していたのです。

美女3人に囲まれたマジーの姿。
バッターボックスに入ったイチローの姿を想像してもらってもかまいません。
フリーキックを蹴る寸前のクリスチアーノ・ロナウドにも通じるでしょう。

それはある種の神々しさを感じさせるものでした。

DSC_0033.JPG

onnayu01.JPG

onnnayu10.JPG

女性と相対したときの自分のコミュニケーション能力に問題を感じておられる男性の方は、ぜひもう一度、お聞きになることをお勧めします。

マジーの技をどこまで盗めるか。
これが男として生きる上で最大の勝負どころであることは間違いありません。
posted by ふろいこか〜 + 銭湯文化サポーター's at 00:53| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 第17回(京都・長者湯 〜女湯編〜) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。