2010年04月30日

天明湯との出会い

はじめらますて、ラッキー植松です。
「ふろいこか〜ラジオ」をご愛聴いただき、ありがとうございます。
ワタクシ、ラジオではハイテンションなお二人に気後れしながらボソボソと喋っております。お聞き苦しくてスンマセン。
さて、今回ご紹介してます「天明湯」さんは、私の自宅からもほど近く、ちょくちょくお邪魔しております。中でも喋ってますように、とっても雰囲気のいいお風呂屋さんです。古いながらも清潔感があり、脱衣所の天井付近には見事な欄間があったりして、おばあちゃんちへ来たような、とっても癒される空間です。初めて「天明湯」さんに来たのは、かれこれ20年近く前だと思いますが、その時、印象に残ってるのがこの「欄間」と「ウーパールーパー」なのです。
ご存知ですか?南米産の両生類です。80年代にテレビCM等にも登場し、一時ブームになりましたよね。別名(と言うかコッチが正式名らしい)「アホロートル」。私が言うのも何ですが、間抜けな名前です。こいつが欄間の下の水槽で飼われていたのです。おばちゃんに聞くと「そうそう、あれねぇ。だんだん大きなってねぇ」との事。今はもういませんが。
そして、天明湯さんは薪で沸かしたお湯です。営業時間が4時30分から7時までと短いので、ここへ入りに来るのは必然的に夕方なのですが、自転車で近くまで来ると薪を燃やすいい香りが漂って来ます。「ああ、今日もやってるなぁ」と嬉しくなるものです。そんなステキなお風呂屋さん「天明湯」さんにはいつまでも残って欲しいものですね。ぜひ皆様も体感してください。
春の天明湯前.jpg「春の天明湯表」


posted by ふろいこか〜 + 銭湯文化サポーター's at 01:40| 大阪 | Comment(1) | TrackBack(0) | 第1回(大阪)天明湯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Webラジオの放送ありがとうございます。

8日、新大阪での所用の帰りに天明湯さんに
浸かって、癒されてきました。
湯上りには、ご主人さん、おかみさんとお話させて
いただき、楽しかったです。

昔、熱くなった釜の鉄板の上で焼き芋を作ったこと
大晦日や地蔵盆の日の賑わいのことなど・・・

天明湯さんとのご縁に感謝でございます。
そんな天明湯さん、9月号の大阪情報誌「大阪人」に
インタビュー記事が掲載されています。
味わい深い、良い記事です。 皆様もご覧くださいね。

PS:
天明湯さんの脱衣場にある雑誌
銭湯の特集記事が載っているものがあります。
今は無き、美章園温泉、双葉温泉などの記事が掲載
されているものもありました。
湯上りのひととき、こちらもご覧ください。
Posted by シロヤギ at 2010年08月11日 06:59

この記事へのトラックバック