2010年07月13日

倒れた煙突

じめらますて。
梅雨で足元ワヤでも銭湯に行く松本康治です。

阪神大震災で森温泉さんの煙突が倒れた、という話が放送の中で出てましたね。
その写真をお借りしました。これです。

sinsai3.jpg

何を隠そうワタクシも被災者でありまして、当時住んでいた東灘区のJR住吉駅前のマンションは全壊いたしました。
幸いにして死なずにすんだがゆえに、こうやって今日もまた銭湯の広い湯船に浸かってこの世の極楽を味わうことができるのです。

震災後、生き残れた喜びをもっとも感じさせてくれたのが銭湯でした。
だから銭湯の湯に浸かるたび、ありがたやの神様が降臨するのです。
さあみなさんもご一緒にご唱和ください。
♪ありがたや〜あぁありがたやっ、アソレありがたや〜あぁありがたやっ、ハドシタ♪

ところで、本日7/13は森温泉さんの女風呂が月に一度のバラ風呂になる日であります。
幸いにして今日これを読まれている女性の皆さん、今すぐ甲南山手へ急ぎましょう!

ちなみに放送では触れていませんでしたが、プレゼントクイズの商品として、ステッカー、サイン色紙に加え、今回は特別に森温泉さんのペア入浴券もついています!
これはめっちゃオトク。ぜひご回答をお寄せください。



posted by ふろいこか〜 + 銭湯文化サポーター's at 18:21| 大阪 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 第3回(神戸)森温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
写真を見て絶句。これはひどい・・・
コンクリの煙突がポッキリ・・・全壊ですね。

先代のご主人が、被害の甚大さに呆然と
されたお気持ちがよくわかります。
そんな中、多大な困難を乗り越えて、被災された
皆様のために、公園での仮設風呂に始まり、
その後、仮設プレハブで銭湯を再開された
森温泉さん。 素晴らしい。ありがとうございます。

先代さんに『もと通りにするから』と男の
約束をされたご主人。 本当、ドラマですね。

森温泉さんのきれいな外観に、今までは
スーパー銭湯を模した今風のお風呂屋さん、と
思っていました。

こんな素晴らしい物語と人情があったとは・・・
攻略しやすい?電気風呂もあるようだし、ぜひ!
訪ねてみたいと思います。
Posted by シロヤギ at 2010年07月17日 15:18

この記事へのトラックバック