2010年07月22日

跡継ぎの決心

暑い夏は水風呂が恋しい!というみなさん、こんばんは。
一年中水風呂大好きな林です。

森温泉さんの震災時の写真は、凄まじいですねえ。
普通の生活が一瞬で破壊される地震の怖さを改めて感じます。

今回の森温泉さんの収録は、
女将さんのゆきえさんにお話を伺ったのですが、
収録後、ご主人や息子さん夫婦も出てきてくださり、
一緒に写真を撮らせていただきました。
森温泉集合写真.JPG

息子さんは森温泉さんを継がれる前にお父さんが体調を崩されて、
一時的にサラリーマンをしながらお手伝いに入られていた時期があるそうですが、
そのとき、常連さんから「継ぐにゃろ」とか「頑張って継いでや」と声をかけられたことが、
少なからずサラリーマンを辞めて継ぐ決心に繋がったとおっしゃっていました。

この話を聞いて、お客さんの言葉も捨てたもんじゃないなと。
銭湯経営者を勇気付けることが、ちゃんとできるんだなと、思った次第です。

森温泉さん、サイコーです!


posted by ふろいこか〜 + 銭湯文化サポーター's at 01:04| 大阪 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 第3回(神戸)森温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

皆さん、良いお顔をされていらっしゃる
いい記念写真ですね。

内風呂の普及、設備の老朽化、後継者難。
町の銭湯が直面する現実は厳しいものがあります。

そんな中で、銭湯経営者さんを勇気づける
ことは、お客さんの湯上りの笑顔と声でしょう。

林さんがおっしゃる通り、銭湯ファンの皆様!
湯上りには『いいお湯でした〜』のひと言と
いいお湯に癒された笑顔をよろしくお願いします。
Posted by シロヤギ at 2010年07月31日 12:45

この記事へのトラックバック