2010年09月25日

夏休み社会見学

こんにちは、タカハマです。
お月見されましたか?残念ながら曇り空でしたね…。
ハヤシさんはお気に入りスタイルで実行したのでしょうか。うーん。

さて、長者湯さんではたっぷりとお話を聞き、井戸を見せて頂き、さらに釜場も見せて頂きました。

DSC01251.JPGDSC01247.JPG

廃材をくべるという体験つきです。これがあつかったの何のあせあせ(飛び散る汗)
お風呂屋さんのハードな一面を、ほんの束の間、体験させて頂きました。

DSC01248.JPG

さながら社会見学の一日。
長者湯さんの心とろける様な気持ち良いお風呂にも入り、なつかしく楽しい一日となりました。

京都の町中に、それによく似合う佇まいで今日も営業中。
気持ちよいお風呂に脱衣場、風呂上りにぼんやり物思いにふけるスペースもあり。
イタリア系ご主人の間嶋さんが、入りやすく居やすい空気をもたらしてくれています。
一見さんにもおススメですね。
なんだか色んな気持ちが満たされる空間。行かないと人生の損ですよ。


<おまけ>
撮り合う人々(長者湯).JPG
間嶋さんとマツモト氏が釜話で盛り上がるところを撮るラッキー氏をさらに撮るハヤシ氏


posted by ふろいこか〜 + 銭湯文化サポーター's at 16:35| 大阪 ☁| Comment(1) | TrackBack(1) | 第5回(京都・長者湯) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
長者湯さんの「釜場見」もさせていただき
楽しいです。 ありがとうございます。

おまけの写真もおもしろい(笑)
タカハマさんの文章も素晴らしい・・・そうですよ!
お風呂屋さんは気持ちが満たされる空間なんです。

長者湯さんは一見さん、観光客の皆さんにも
ぜひ!お勧めしたい名銭湯ですね。

(おまけ)
みたらし団子をお供えして、お月見しました。
名月だけに、翌日には名月湯さん(明石市)へ入浴(笑)

銭湯のタイル絵としては珍しい題材の
象、犬、雉、鶴、猿のモザイクタイル絵を鑑賞。
特に猿は「お客がサル」につながるとして、銭湯の
タイル絵、ペンキ絵には、まず描かれないので珍品。

一度、ご覧になってくださいね。

Posted by シロヤギ at 2010年09月29日 11:36

この記事へのトラックバック

銭湯関連記事
Excerpt: 何気なくネット見ていたら銭湯の関連する記事を見つけました。私もコレ見て参考にしています。続・銭湯巡り 北区26番「豊島湯」|showG 3.0shoujistarのshowG3.0の記事、続・銭湯巡..
Weblog: 銭湯
Tracked: 2010-09-26 11:15