2011年05月19日

汐湯…くつろぎという名の暴力

まいはーい。松本康治です。
1周年記念企画として4週連続でお届けしてまいりましたが、お付き合いくださったみなさん、ありがとうございました。
われわれのグダグダトークにすっかり辟易された方もいらっしゃるかもしれません。申し訳ございません。

しかしこれというのも、すべて汐湯のせいです。
極楽にもほどがある、ということをワタクシは訴えたい。
1軒の銭湯が、これほどまでに人間をダメにしてしまってよいものでしょうか。

たとえばこの写真をご覧ください。

sioyu10.JPG

風呂上りにお邪魔した休憩室からの眺めです。
この建物自体が大正時代に建てられた激渋な木造3階建てで、さりげなく丸窓がついていたりして、ロマンとレトロとモダンがくんずほぐれつのそりゃもう大騒ぎさ的な風情にあふれているわけですが、それとともに窓からの景色がたまりません。
なんせ中津城の石垣に桜吹雪です。

そして、その横にこんな部屋があります。

sioyu11.JPG

熟睡なさっているのは当ラジオのタカハマPです。
言っておきますが、これはラジオ収録中の光景です。
仕事をやめています。完全に。
コタツにもぐって寝ています。
しかしこれを止める人は誰もいない。
なぜならこれが汐湯の当たり前の風景だからです。

写真をもう一枚ご覧ください。

DSC_0611.JPG

人間、こうなったらおしまいです。


posted by ふろいこか〜 + 銭湯文化サポーター's at 11:59| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 第13回(大分・汐湯) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。