2011年08月13日

おいでおいでと申しております。

節電の夏、みなさんいかがお過ごしでしょうか?
節電するには家を留守にするのが一番と思うハヤシです。

さて、新地湯さんですが、
京阪電車の中書島駅から徒歩1分!
駅からもこの煙突が見えます。
新地湯001.jpg
どうですか!
この天に向かってそびえる美しい姿。
もう、暖簾をくぐるしかないでしょう。

そして浴室には京都名物の・・・コレ!
新地湯007.jpg
裸婦像であります。
大阪みたいに四角い石の隙間からお湯を出すなんて無粋なことは致しません。

そして浴槽の底をみれば、あらかわいい!
新地湯002.jpg
伏見の名水で鯉と戯れる。
なんて至福の時間でしょう。

周囲には、寺田屋はじめ、酒蔵や遊郭跡、十石船など、観光ポイントもいっぱいあります。
銭湯部中書島地図.jpg

脱衣場で、おいでおいでと猫が言ってましたよ。
新地湯005.jpg

このお盆休みは伏見へどうぞ。


posted by ふろいこか〜 + 銭湯文化サポーター's at 02:50| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 第16回(京都・新地湯) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック