2011年11月19日

末広湯の世界へ──

ラジオファンの皆様、おはようございます。
寒くなってくれば、ますます銭湯なしに生活できないラッキー植松です。

さて、近代化が進む「三国」駅前から、時間をさかのぼるように懐かしい住宅街へ踏み込んだ我々を待っていたのは、モザイクタイルで描かれた屋号、
「湯 広 末」──
suehiro-l-01.jpg
──いやいや、右から読んでください。

建物の横をのぞくと、後ろ側(浴室側)は渋いレンガ造りです。
suehiro-l-02.jpg

玄関も石畳。
suehiro-l-12.jpg
ここに踏み込んだ瞬間から、
グググッとさらに力強く時計の針が巻き戻されます。

女湯側にはこんな脱衣箱も。
suehiro-l-11.jpg

歌手はひろし
suehiro-l-08.jpg

連続テレビ小説は「ほんまもん」
suehiro-l-09.jpg

横綱はウルフです。
suehiro-l-10.jpg


posted by ふろいこか〜 + 銭湯文化サポーター's at 11:28| 大阪 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 第19回(大阪・第二末広湯) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは

五木ひろし ウルフ 脱衣箱のうらは昭和ですね。
湯船につかっている時間が素晴らしいのは
さすがに携帯を持ち込む人もいないし
現代世界から切り離されるからではないでしょうか
目をつむればタイムスリップです。
湯煙越しに見た鏡に映っているのは少年時代の自分だと
気がつけば最期、もう平成にはもどれない。
しかし人生をやりなおせるかも。
どっちがいいか。
皆さん銭湯に行くときはそれなりに覚悟をして
行かれるように

では

中野 隆
ausydog2021@yahoo.co.jp
Posted by 中野 隆 at 2011年11月23日 19:20
中野さま、
ラッキー植松です。
コメントありがとうございます。

ホント、第二末広湯は貴重なレトロ空間ですよ。
でもね・・・近頃いらっしゃるのですよ。浴室に携帯電話を持ち込んでる若者が・・・。
先日も他所で見ました。
防水をアピールしたいのか知りませんが、
お風呂ぐらいゆったり入ろうよ!と思いますけどねぇ〜。
Posted by ラッキー植松 at 2011年11月24日 22:56

この記事へのトラックバック