2012年05月30日

白鳥温泉の謎・・・

ラジオファンの皆様、いかがお過ごしでしょうか?
映画「テルマエ・ロマエ」を二回も観てしまったラッキー植松です。

さて今月は、私もお気に入りの大阪市阿倍野区「白鳥温泉」さんにお邪魔いたしました。
siratori-l-00.jpg
昔風情の残る商店街にある「白鳥温泉」。

脱衣場には、屋号通り、見事な白鳥の磨りガラス絵があります。

女湯の磨りガラス越しに見た脱衣場
siratori-l-01.jpg

男湯の磨りガラス越しに見たインタビュー風景
siratori-l-02.jpg

おかみさんに聞くと「シラトリ温泉」との事ですが、
ご主人に聞くと「ハクチョウ温泉」との事、
果してどちらが正式な名称なのか・・・
また、その命名の由来に隠された謎は?!・・・
インタビューの中で明かされる衝撃の真実!!

さらに──

ヒロキ42号
「あっ!何か不思議な物体発見ー!」
siratori-l-03.jpg

ヒロキ42号
「何だろなー?」カシャリ!
siratori-l-04.jpg

ヒロキ42号
「こ、これは・・・!」
siratori-l-05.jpg


ガオー!
siratori-l-06.jpg

つづく──


posted by ふろいこか〜 + 銭湯文化サポーター's at 21:39| 大阪 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 第26回(大阪・白鳥温泉) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
本当に素晴らしい。しゃべりも一流と思います。京都から仕事の都合で関東に飛ばされ、早30年。思いは故郷の栄湯(6条通り)ですがすでに廃業。オーナーの山口さんのお母さんは美人やったなあ。いまもはっきりと思いだされます。 出演者の皆さんのブログは拝見させていただいています。松本さんのものはさすがに完成度が高く、すべての記事?を拝読させたいただきました。私も、ハーイマーイ!と朝にあいさつをしようと思い、寝床に入りますが、起きたら忘れてしまいます。次回の風呂いこかを楽しみにいたしております。
Posted by 松原登 at 2012年06月02日 16:56
松原様へ、
はじめまして、ラッキー植松です。
いつもお聞きいただきありがとうございます。ラジオでは、銭湯のご主人やおかみさんの味のあるお喋りに助けられています。やはり永年ハダカの人間に接して来られた年輪がお話振りにも出るのかと思いますね。
これからも「ふろいこか〜」ラジオを宜しくお願いします。
Posted by ラッキー植松 at 2012年06月04日 12:18
一か月も待ちに待った、ふろいこか〜の放送をわくわくしながらお聞きしました。放送で知ったのですが「林さん」はフリーライターのお仕事をされているんですね。ABCラジオの「どーじょー よーぞー」さんと
勝手に勘違いしていた私は今回やっと別人とわかった次第です。3人の出演者の皆さんはすごく上手。日本の(銭湯)文化を通じ
日本人の生き様=「あるべき姿」を少しでも形にするべく、奮闘されておられるように思えました。
ラッキーサンの声は今回はよくわかりませんでしたが、松本さんの突っ込みがさえまくり、わろたでー。関東に住まざるを得ない京都人として、本当にこの番組を聞けて救いを感じています。関西人は関西にすまなあかんけど、でけへん時は・・・。また、来月の放送を楽しみにさせていただきます。ほな。
Posted by 松原登 at 2012年06月30日 15:18
松原様

いつもお聞きくださりありがとうございます。企画制作のタカハマです。
率直なご感想をお送り下さり、とても励みになりました。

3人は絶妙なバランスでこのラジオを作ってくれています。
この人達に出会わなければ銭湯ラジオをしようなんて、きっと思いませんでした。

今の銭湯を感じて頂けるよう、これからも奮闘してまいります。
機会があれば、ぜひ関西の銭湯にも寄ってみてください。

これからもふろいこか〜3人衆とふろいこか〜ラジオを、何卒よろしくお願い申し上げます。

コメントありがとうございました!
Posted by タカハマ at 2012年07月02日 00:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック