2012年08月06日

しらはまあそび

まいはーい。夏の男、松本康治です。ええ暑さですねー。

ところで半年ちょっとぶりの姫路・白浜温泉ですが、前回にはなかったものがいろいろとできております。
まずは白浜の宮といえば駅から徒歩3分の松原八幡神社ですが、こんなものができておりました。

松原.JPG

松原八幡はその昔、その名のとおり白砂青松の松原が名物だったのですが、その後、塩田の干拓によって海は1kmほど遠ざかり、松原も姿を消してしまいました。
それを復元しようということで、神社の前の広場にクロマツが植えられたというわけであります。この松たちがスクスクと育てば、やがて立派な松原となることでしょう。

次に、この松の向かいにあるヤマダ酒店です。

酒ヤマダ.JPG

いや、この酒屋さん自体は以前からあるのですが、この季節だけのものが売られているのです。

かき氷.JPG

ですよねー夏ですもんねー。
と火照った体をチベタイ氷で冷やしつつフト横を見ると、タカハマPがなんといきなりチューハイをグイグイやっているではありませんか。

びっくり.JP.JPG

ここでご注目いただきたいのはチューハイではありません。その横で驚きの表情を作っている林ヒロキ氏です。ブログを盛り上げるために作りこまれたこのヒロキ氏の表情、そのプロ根性を、アップ画像でとくとご覧ください。

プロ根性.JP.JPG

完璧です。マネできません。

さてもうひとつ、松原八幡から白浜温泉へ行く途中にあるパン工場、白浜製パンです。
この工場もずっと以前からあるのですが、小さな直売店が併設されていることに初めて気づきました。

白浜パン1.JPG

この工場は白浜小学校の給食用パンを作っておられるのですが、それを誰もがここで買い食いすることができるのです。
値段もメッチャ小学校価格でブラボー! 売っているおにいさんもまるでNHK教育「あかあさんといっしょ」に出てくるおにいさんみたいな優しさ。

白浜パン2.JPG

チューハイがぶ飲みのタカハマPやヒョットコ顔の林氏のこともきれいさっぱりと忘れ、無垢で純真な少年の心を取りもどすことができます。

さらに驚いたのは、白浜温泉から徒歩5分のところに、巨大なドンキホーテができていたことです。

ドンキ.JPG

ここではもちろん海で遊ぶ道具一式が格安で揃いますし、風呂に入ったあとの着替えも格安で揃います。ワタクシも夏らしいボーダーシャツを格安購入いたしました。
しかし林氏は変なパーティグッズばかり物色しています。嫌ですよね、変態って。

物色.J.JPG

寄り道はこのへんにして、いよいよ復活した白浜温泉へ向かいましょう。
ここでもなんと、新しいものがわれわれを迎えてくれました。それが何かは次回更新をお楽しみに!


posted by ふろいこか〜 + 銭湯文化サポーター's at 12:41| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 第28回(兵庫・白浜温泉) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。