2012年08月30日

田辺は田辺でも…

まいはーい。松本康治です。
水風呂のない銭湯では水かぶり10連発、そして放心。これですよね。

さて今回われわれは猛暑マジ猛暑メガ猛暑の田辺へまいりました。
田辺という地名はあちこちにあります。田辺市は和歌山県ですし京都府には京田辺市があります。京田辺市も市になる前は田辺町でした。
で今回の田辺はどこの田辺かと申しますと、ラッキー植松さんの近所の田辺です。

ラッキーさん.JPG

ラッキーさんは近所なので自転車ですが、ワタクシは神戸から電車を乗り継いでまいりましたクソ暑いのに。
まあそれはよいとして、ラッキーさんは基本ダジャレの人です。最年長ですから仕方ないと考えるべきでしょう。
そんなラッキーさんの地元ですから、われわれも暑さにメゲずに元気を出して、

碁.JPG

さて銭湯へ行く前に、ラッキーさんがまちを案内してくれるとおっしゃいます。そこであとをついて行きますと、法楽寺という立派な寺に着きました。

法楽寺.JPG

大きくて妙に綺麗なお寺です。真言宗泉涌寺派の大本山ということで、なんか新品ぽい三重塔がそびえ立っています。

塔.JPG

傍らにはお不動さんが祀られています。

不動.JPG

ちょっと拡大してみましょう。

不動拡大.JPG

このクソ暑いのに、火炎を背負って怒り狂っておられます。何を怒ってらっしゃるのでしょうか。
ふと手前を見ると、こんなお供えが置かれていました。

おそなえ.JPG

紙パックの日本酒です。ストローつきです。このストローで吸えと、お不動さん、このストローをくわえてチューっと吸えと。この紙パック酒をお供えした人はそうおっしゃるのでしょう。
その横手には真っ赤な鳥居が並んでいます。神仏習合というやつですが、これも結構新しい。明治維新の廃仏毀釈から100年たって、ここに堂々と神仏習合が蘇っているようです。

鳥居.JPG

鳥居の奥にはクスノキの巨樹が茂っています。御神木のようですが、なかなかのデカさ。

木.JPG

まあそれはいいとして、こんなものも飾られています。

オットセイ.JPG

この流木みたいなのがオットセイみたいな形をしているということで、ここに祀られています。
流木がまるでオットセイのような不思議な形をしているというのです。



いったいそれがどうしたというのでしょう?



いけませんお寺様のなさることにケチをつけてはいけません。
忘れてましたけど、これが本堂です。

本堂.JPG

いいかげんにしろ、いつ銭湯が出てくるのだ、とお怒りの貴兄。いけません怒ってはいけません。紙パック酒でも飲んで鎮めたまえ清めたまえ。
さて、本道の横にこんなものを見つけました。

大根.JPG

ははーん、どうやらこれがウワサの田辺大根なのかな? 大根風呂にブチこむという。
でもこれは作りもんの模型でした。本物はどこにあるのでしょうか…!?(つづく)
posted by ふろいこか〜 + 銭湯文化サポーター's at 01:26| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 第29回(大阪・いりふね温泉) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。