2012年09月16日

いりふね温泉でリーノな毎日を!

まいはーい。松本康治です。
残暑にも銭湯、台風の湿気にも銭湯、という感じですね。わかりますよねこのナイスガイなフィーリング。

さてところで今回の銭湯、いりふね温泉さんに着く前のことで書き忘れていたことを少々補足しときましょう。

まず田辺大根の畑、こんな状態でした。
畑.JPG

狭い、ショボい。それは仕方ありません。何事も最初はそういうもんです。
しかも植わっているのは大根ではなくサツマイモとカボチャでした。それも仕方ありません。大根の季節ではありませんから。
ですが許せないのは、これです。

かぼちゃ.JPG

植えるならちゃんと世話してやってちょうだいと。我が身に鉄製フェンスが日に日に食い込んでゆく…想像するだに痛いじゃありませんか。

カボチャの姿に心を痛めつつ、われわれは長池公園で最初のテイクを録音しました。

長池.JPG

そこへ二日酔いのヒロキ氏も到着です。

ハヤシ.JPG

田辺はややこしすぎるから仕方ないと、Pも許してくださいました。

p.jpg

そんなこんなで、いりふね温泉に到着したわけです。

外観.JPG

「好きやねん、おふろ」の看板が設備充実系であることを示しています。

外観上部.JPG

なんかちょっと気になるマークがありますね。拡大してみましょう。

温泉マーク.JPG

ふつう温泉マークというものは湯船から立ち昇る湯気を図案化したものですが、これはどうしたことでしょう。蛇口から勢いよく出た赤サビ水が排水口に吸い込まれていってる図でしょうか。

んなーこたーない。

視線を下の方へ転じますと、こんな案内板が貼られています。

てぶらで.JPG

必要ですね、これ。銭湯ビギナーあるいはフト通りかかって汗を流したくなった人にやさしく語りかける、この言葉。
さらに、いりふね温泉さんの名物はこれです!

ランナー.JPG

今話題のランナー応援銭湯です。
会社帰りにここへ来て、まずロッカーにカバンやスーツをぶち込んで、ランニングウェアに着替えて近くの広大な長居公園でひとっ走り、そのあとここへ戻って風呂入ると。
走るのが好きな人にはこの上なく嬉しいサービスね〜。いりふね温泉さんではこれをもう10年くらい続けておられ、たいへん好評とのこと。
というのはここのご主人も走るのが大好きだからなんです。銭湯の定休日はもう走りまくりーの、よその風呂に入りまくりーの、そのあとビールを飲みまくりーのという、ミスター・リーノさんだからなんです。

さあみなさんもご一緒に、いりふね温泉でリーノしましょうね!
posted by ふろいこか〜 + 銭湯文化サポーター's at 12:27| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 第29回(大阪・いりふね温泉) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。