2010年12月24日

漕ぐ風呂屋

まいはーい。松本康治です。
寒くて夜中に銭湯に行くのツライ〜でも行けば必ずホッコホコ行って正解〜な季節になりましたね。

さて、番組中に出てきましたが、深井中央温泉のおかみさんが韓国の済州島(チェジュド)を自転車で1周されたときの写真をお借りしてきました。

20101126173752149_0001.JPG

20101126173956079_0001.JPG

20101126173956079_0002.JPG

20101126173956079_0003.JPG

最後の写真は、左から3番目がおかみさんの中谷公美さんです。
話の中に出てきた、「道を聞いたら肉を食わされた」ときの写真です。

昔、伊達公子は「闘うエクボ」、桑田真澄は「投げる不動産屋」と言われました。さすればこの中谷公美さんは「漕ぐ風呂屋」と呼ばれなければなりますまい。

銭湯経営はたいへん、とよく言われます。
でもしんどいばかりでなく、こうやって自由に人生を楽しんでいる人もいらっしゃるのです。

というわけで全国の銭湯ムスコさん銭湯ムスメさん、できましたら跡継ぎのほうもヒトツよろしくお願いいたします。
そして「走る風呂屋」「泳ぐ風呂屋」「歌う風呂屋」「踊る風呂屋」「書く風呂屋」「世界を変える風呂屋」などを目指していただければ、きっと世の中はもっと明るく楽しいものになることと思います。
チャルブタカムニダ。サランヘヨ〜!
posted by ふろいこか〜 + 銭湯文化サポーター's at 13:26| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 第8回(大阪・深井中央温泉) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月21日

すてきな脱衣場

まいはーい。松本康治です。

さて、ここ深井中央温泉は小さな銭湯ですが、なんといっても脱衣場の雰囲気が最高です。
へたすると泣きます。

DSC_2411.JPG

これは女湯です。ラッキーさんの背後の脱衣箱や、おかみさんが腰掛けているベビーベッドがたまりません。
そして男女境の鏡と、その下の小物入れの棚も激渋です。

DSC_2413.JPG

録音中は、こんなふうに夕陽が差し込んで、われわれと脱衣箱を照らしておりました。

DSC_2416.JPG

いかがです。ここで算数の宿題や習字の練習でもやりたくなるでしょう?

下の写真は、番組中に出てきた「昔の写真」です。
昭和30年の改築時のものです。

DSC_2429.JPG

そして下の写真が現在の姿。美しさはほとんどかわっていません。大事に手入れされてきたのがわかります。
前に立っているラッキー氏もヒロキ氏も生まれていなかった頃から、そのままなのです。

DSC_2446.JPG

仁徳天皇陵を世界遺産に、という運動も堺にはあるようですが、深井中央温泉が先やろが!という気がします。
ですよね、みなさん?

あ、ところでクイズが今回は豪華景品なのですが、応募しなくていいんですか、みなさん!
そういや締め切りの日付を言い忘れていました。すいません。
とりあえず23日までにお寄せください。アドレスは左上の馬鹿の介のところでーす!


posted by ふろいこか〜 + 銭湯文化サポーター's at 01:46| 大阪 ☀| Comment(7) | TrackBack(1) | 第8回(大阪・深井中央温泉) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月14日

アスリート系のおかみさん

ラジオファンのみなさま、こんばんは。
先日来話題にのぼってる「焼肉」には加わってなかったラッキー植松です。(クソ〜)

さて、「深井中央温泉」を切り盛りして来られたのが行動派のおかみさん「中谷公美さん」です。
そう、屋根に上ってペンキを塗られたのもこの方ですね。

しかもこのおかみさん、ヤルとなったらトコトンやる方のようで、屋根だけじゃなく・・・
こんなとこも
DSC_2406.JPG
こんなとこも
DSC_2405.JPG
こんなものまで(ブリキ缶のチリトリ)
DSC_2401.JPG
トコトン緑色に塗り倒されてます。

そのステキなアスリート系おかみさんと
穏やかでダンディーなご主人の取り合わせが「深井中央温泉」の味でしょうか。
DSC_2440-1.jpg
で、そのおかみさんの活躍ぶりは、果して──
posted by ふろいこか〜 + 銭湯文化サポーター's at 00:13| 大阪 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | 第8回(大阪・深井中央温泉) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月10日

銭湯の裏側

まいはーい。松本康治です。

で話がバス乗り場やら収録後の焼肉やら棺桶風呂やら行ったり来たりしておりますが、気にせずまいりましょう。
今回は銭湯の中へお邪魔する前に、裏側を拝見しました。

DSC_2404.JPG

建物の屋根が緑色に塗られていますが、これはすべておかみさんが屋根に上ってペンキで塗られたものです。
そして中央に煙突がズドーンとそびえ立っております。

DSC_2402.JPG

番組中に電気のこぎりの音が聞こえていますが、それはこの廃材をご主人が切っておられる音です。

DSC_2400.JPG

そして木が燃える音もお聞きいただけたたと思いますが、その音の発生源はこの奥の釜です。

DSC_2399.JPG

この場所で、お風呂のあったかーいお湯が生まれているのです。

最近の一般家庭では、スイッチを押せばすぐに蛇口からお湯が吹き出てきたりします。
しかし一部の銭湯では、いまだにこうして火に薪をくべてお湯を作っているわけですね。

なぜだかゆっくりと浸かりたくなる。そんな風景です。
posted by ふろいこか〜 + 銭湯文化サポーター's at 03:05| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 第8回(大阪・深井中央温泉) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月07日

生還しました!

タカハマPの焼肉の写真が気になって仕方ないみなさん、
こんにちは。
ハラミ大好きなハヤシです。

そうなんです。とっても安くて美味しかったんです。
焼肉「味楽」さん。
煙モウモウでしたけど。

創業43年、支店や系列店は一切出されていないという潔さ。
メニューも、ご飯は白飯のみ、アルコールも瓶ビールのみという潔さです。

えっ、場所や営業時間が気になる?
お教えしましょう。

大阪府堺市中区八田北町329
15時〜22時、土日祝は11時30分〜22時
火曜定休
電話072-279-4143

えっ?このブログはいつからグルメブログになったのかって?
焼肉で釣って、銭湯に誘導しようという作戦ですよ。モチロン。
決して、焼肉に夢中になって銭湯を忘れていた訳ではありません。決っして。絶対。

さらに「味楽」さんの詳し情報は↓のブログを。
http://r.tabelog.com/osaka/A2705/A270501/27003330/

いや〜、美味かった。
そうそう、忘れてましたが(←やっぱり)今回は深井中央温泉さんですよ。
深井中央温泉さんといえば、忘れてならないのが、そう!棺桶風呂です。
ワタクシたちも収録後、一番風呂に入ってまいりました。

深井07.jpg

いや〜、このサイズ、見れば見るほど棺桶ですね。
ワタクシもさっそく入った訳ですが、
棺桶である以上、中で寝なければいけません。

そこでワタクシ、大きく息を吐き、鼻をつまんで沈みました(ホント)。
そして生還しました!
不老長寿を手に入れました!!
みなさんも是非、しっかり沈んで生還してくださいね。

えっ?焼肉の話題に比べて、風呂の話が短いって?
気のせいです。


posted by ふろいこか〜 + 銭湯文化サポーター's at 22:01| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 第8回(大阪・深井中央温泉) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。