2012年09月25日

いりふね温泉をもっとお届け

DSC_0367[1].JPG こんにちは、タカハマです。


走り続けるお風呂屋さん、いりふね温泉はランナーに嬉しい設備たくさん。まずはこれ。
たてが通常の脱衣箱2つ分、ハンガー付きロッカー。スーツで来ても大丈夫。
たっぷりランニングとゆったり入浴で時間かかってもシワ知らずです。
DSC07424.jpg

最新式ドライヤーもあり。駅まで1分でも洗い髪では乗れないわ、という心配も要りません。
だって、ぶわーっと力強く乾かせますから。
DSC07429.jpg

で、珍しいなと思ったのはこれです。あまり銭湯では出会わない。
クレンジングがあるんですね。洗顔料ももちろんあります。ご主人てば細やかな配慮です。
うっかり忘れても大丈夫。
使い勝手良すぎるいりふね温泉なんです。ほんと手ぶらで気軽に寄れますね。
DSC07386.jpg

もう少し細やかな情報をお届けします。これでもか、のありとあらゆるビール群。ちびサイズもあり(右端)。
DSC07395.jpg

豆乳や黒酢・飲むヨーグルトの健康系もあり。ウコンもね。
DSC07396.jpg

そして、あれないの?とお思いでしょう。あります瓶コーヒー牛乳&フルーツ牛乳。
みかん水90円だってラムネだってもちろんあるんです。愛のスコール。
DSC07397.jpg

碁盤とオセロ磐だってあるんです。ピシン、パシンと無心のひと時を。
DSC07403.jpg

大好きなビールに囲まれて、ロビーで宴会始めちゃった人達。
DSC07432.jpg

よっちゃんいかで当たりを出す好景気なピロキさん。2袋食べて、口の中酸っぺー酸っぺー。
DSC07431.jpg

いりふね温泉に来る前に寄った法楽寺に話を戻しますと、こちらにはネパールから贈られたマニ車があります。
一回まわすと、お経を一巻お唱えするのと同じ功徳があるとか。
DSC07353.jpg

いろいろ教室もあるようです。
DSC07344.jpg

ちょっと遠すぎたのでアップ。
DSC07345.jpg

法楽寺からほど近い、南田辺駅そばには有名な居酒屋「スタンドアサヒ」があります。
寄らいでか、な三人衆。
DSC07443.jpg
posted by ふろいこか〜 + 銭湯文化サポーター's at 00:00| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 第29回(大阪・いりふね温泉) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月24日

走り続ける銭湯

ラジオファンの皆様、
すっかり涼しくなって、水風呂の楽しみが減ってしまって寂しいラッキー植松です。
でも、もっと寒くなると、それはそれで水風呂での修行気分が楽しみなのですよ〜。

さて、ブログでもお伝えしております「いりふね温泉」さんは、とにかく研究熱心。
定休日ごとにどっかまでランニングで走っていかれて、現地の銭湯に入られて、
「ここはこう言う所がええなぁ」とか「ナルホド、こんな工夫があるのか」と研究しておられます。
それを持ち帰って「いりふね温泉」に取り入れられるとの事です。
ご主人曰く──
「現状維持は後退です。一歩進んでやっと現状維持」だと。

元気に走り続ける銭湯、「いりふね温泉」さん!
irifune-l-11.jpg
いろいろ教えていただきました。
posted by ふろいこか〜 + 銭湯文化サポーター's at 21:19| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 第29回(大阪・いりふね温泉) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月22日

これでもかと

まいはーい。松本康治です。
さすがにTシャツ半ズボンにゴムゾーリで1日うろうろしてると夜にはクシャミなぞしてしまう季節になりましたね。そんなときは言うまでもなく銭湯ね。まあどんなときも銭湯やけど。

さて田辺大根の話で長くなってしまったわけですが、いよいよいりふね温泉に浸かるときがやってきました。
ここは浴室デザインに凹と凸がありまして、それが定期的に男女で入れ替わるのであります。

男湯湯船.JPG

女湯湯船.JPG

いかがでしょう。デコとボコ、わかりますか?
そして水風呂と露天風呂、このあたりの快楽度がかなりな高得点をハジキ出しやがるわけでございます。
水風呂.JPG

洗い場もこの通り、微妙な突出などがここでもニクイまでに使いやすかったりするのです。
カラン列.JPG

島カランまでがカーブをかけてくるのです。鏡の取り付け方も潔いのです。
カーブ洗い場.JPG

とまあ快適な浴室で極楽浄土を堪能したらそのあとは!
まあ落ち着いて、まず服を着てください。そしてロビーへ出るのです。
ロビー.JPG

フロントはこの状態です。
フロント.JPG

拡大しましょうね。10円20円のやつらがひしめいてやがるのです。
駄菓子拡大.JPG

んでもう生ビールちょうだい言うたらビアマイスターが入れてくれますねん注いでくれますねん。
でもフト横を見ると、あっちのほうにもいろいろおますのや。
飲み物アイスコーナー.JPG

飲み物拡大しましょうね。ビアマイスターやっちゅーてんのに缶ビールもいろいろおますのや。
飲み物.JPG

もちろんアイスもいろいろあるわけですが。
アイス.JPG

中学生にはタダでやると。やっちまうと。てめえら食いさらせと。
中学生に.JPG

ソフトが食いたきゃ自分でネジレと。
ソフト.JPG

種類めちゃめちゃ多いぞと。
ソフト種類.JPG

写真貼るだけで疲れるほど、これでもかーのいりふね温泉さん。よいです!
posted by ふろいこか〜 + 銭湯文化サポーター's at 15:47| 大阪 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 第29回(大阪・いりふね温泉) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月16日

いりふね温泉でリーノな毎日を!

まいはーい。松本康治です。
残暑にも銭湯、台風の湿気にも銭湯、という感じですね。わかりますよねこのナイスガイなフィーリング。

さてところで今回の銭湯、いりふね温泉さんに着く前のことで書き忘れていたことを少々補足しときましょう。

まず田辺大根の畑、こんな状態でした。
畑.JPG

狭い、ショボい。それは仕方ありません。何事も最初はそういうもんです。
しかも植わっているのは大根ではなくサツマイモとカボチャでした。それも仕方ありません。大根の季節ではありませんから。
ですが許せないのは、これです。

かぼちゃ.JPG

植えるならちゃんと世話してやってちょうだいと。我が身に鉄製フェンスが日に日に食い込んでゆく…想像するだに痛いじゃありませんか。

カボチャの姿に心を痛めつつ、われわれは長池公園で最初のテイクを録音しました。

長池.JPG

そこへ二日酔いのヒロキ氏も到着です。

ハヤシ.JPG

田辺はややこしすぎるから仕方ないと、Pも許してくださいました。

p.jpg

そんなこんなで、いりふね温泉に到着したわけです。

外観.JPG

「好きやねん、おふろ」の看板が設備充実系であることを示しています。

外観上部.JPG

なんかちょっと気になるマークがありますね。拡大してみましょう。

温泉マーク.JPG

ふつう温泉マークというものは湯船から立ち昇る湯気を図案化したものですが、これはどうしたことでしょう。蛇口から勢いよく出た赤サビ水が排水口に吸い込まれていってる図でしょうか。

んなーこたーない。

視線を下の方へ転じますと、こんな案内板が貼られています。

てぶらで.JPG

必要ですね、これ。銭湯ビギナーあるいはフト通りかかって汗を流したくなった人にやさしく語りかける、この言葉。
さらに、いりふね温泉さんの名物はこれです!

ランナー.JPG

今話題のランナー応援銭湯です。
会社帰りにここへ来て、まずロッカーにカバンやスーツをぶち込んで、ランニングウェアに着替えて近くの広大な長居公園でひとっ走り、そのあとここへ戻って風呂入ると。
走るのが好きな人にはこの上なく嬉しいサービスね〜。いりふね温泉さんではこれをもう10年くらい続けておられ、たいへん好評とのこと。
というのはここのご主人も走るのが大好きだからなんです。銭湯の定休日はもう走りまくりーの、よその風呂に入りまくりーの、そのあとビールを飲みまくりーのという、ミスター・リーノさんだからなんです。

さあみなさんもご一緒に、いりふね温泉でリーノしましょうね!
posted by ふろいこか〜 + 銭湯文化サポーター's at 12:27| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 第29回(大阪・いりふね温泉) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月11日

だいこん風呂はお預け(T_T)

だいこん風呂に興味深々のみなさん、こんにちは。
おでんの具なら、おダシのしゅんだ大根が一番好きな林です。

田辺大根のふるさと田辺は、
西田辺駅(御堂筋線)だの、南田辺駅(JR阪和線)だの、北田辺駅(近鉄)だの
ややこしいこと極まりないのですが、
行政区上も東住吉区と阿倍野区の境目でありましてややこしー、ややこしー。
いりふね温泉さんは、御堂筋線西田辺駅すぐですのでね、お間違いなきように。

少々余談になりますが、東住吉区の隠れた名産品がコレ!
サンガリア1.jpg

B級ドリンクの王様、サンガリアは実は東住吉区の会社です。
自販機を見てみると・・・ありました!
「ひやしあめ」
サンガリア2.jpg

これは、裏返すと「あめゆ」と書かれていて、冬はホットで販売されるんですよ。
サンガリアさん、やるー!

と余談はこの辺にしまして、いりふね温泉さんです。
今回の収録は、だいこん風呂のいりふね温泉さんと聞いて、
是非とも入ってみたい!と思ったわけですが、
思いっきり季節外れなわけでして・・・
1月のお祭りの時までお預けとなりました。はい。

だいこん風呂には入れませんでしたが、
いりふね温泉さんのお風呂はなかなかユニークです。
ラッキーさんが、壁が出っ張ってる方、引っ込んでる方と書かれてますが、
引っ込んでる方はこんな感じ。
浴室男.jpg

奥には露天風呂もありまして、片方はタイル絵のある洋風な雰囲気で、
もう片方は岩風呂風となっています。
露天女.jpg
露天男.jpg

おっ、岩風呂の写真の下の方になにやら写ってますね。
出た!世界遺産風呂の檜の間伐材です。
世界遺産.jpg

これがプカプカとお風呂に浮かぶわけです。
なかなか手触りもいいんですよ。

それでもってこの露天風呂はちょっとお湯が熱めなわけですが、
このあとにキュンキュンに冷えた水風呂が待っているわけです。
(あっ、水風呂の写真がない・・・)
水風呂自体の写真はないけど、この写真はある!「水風呂心得」です!
水風呂.jpg

癖になること注意すべし。
すいません、やみつきになりました。

この設備充実系のお風呂を存分に堪能したら、
脱衣場の扇風機の前で呆けるのが正しい小市民なわけですが、
この設備充実系の銭湯にして、この扇風機!ザ・昭和!
扇風機.jpg

おや、なにやら注意書きのような紙が・・・
扇風機2.jpg

楽しみますよー、昭和の風を!思う存分。
でも、いりふね温泉さんは、これからなのです。
このあとのロビーでの時間が、いりふね温泉さんの真髄なのであります。
(次の方よろしく〜)




posted by ふろいこか〜 + 銭湯文化サポーター's at 16:37| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 第29回(大阪・いりふね温泉) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月03日

だいこんは風呂に

私がダジャレの人なんて言うのはダレジャ!
──と言う事で、ラッキー植松です。

今回の収録地「田辺」はウチの地元です。近所過ぎて緊張感が無かったのですが・・・

JR「南田辺駅」近くの法楽寺には「田辺だいこん」の碑なんて物がありまして──
irifune-l-01.jpg

irifune-l-02.jpg

さらに、お寺の裏の駐車場の一角に「田辺だいこん」の畑なんてのもあります。
irifune-l-03.jpg

で、コイツが私が描きました地域のキャラクター「たなべぇ」です。
irifune-l-04.jpg
どうぞご贔屓に。

で、今回お邪魔する銭湯は、
「田辺だいこん」と縁のある「いりふね温泉」さんです。
「南田辺」駅から徒歩6〜7分、一番のもよりは地下鉄「西田辺」駅です。
お間違えなく!
2番出口上がったらスグ!駅前の道路から煙突も見えてます。
irifune-l-05.jpg

irifune-l-06.jpg
ウヒャー!何て強烈な日差し!

irifune-l-07.jpg
明るいガラス張りのフロントで収録です。

設備豊富な快適銭湯です。
コチラの浴室は丸を基調にした浴槽でして、
irifune-l-08.jpg
こっち側は壁が出っ張ってる方で反対側は引っ込んでる方──
そして、浴室は毎月男女入れ替わります。
irifune-l-09.jpg
ボーッとしてると反対側へ入ってしまいますよ〜。(つづく)
posted by ふろいこか〜 + 銭湯文化サポーター's at 14:45| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 第29回(大阪・いりふね温泉) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月30日

田辺は田辺でも…

まいはーい。松本康治です。
水風呂のない銭湯では水かぶり10連発、そして放心。これですよね。

さて今回われわれは猛暑マジ猛暑メガ猛暑の田辺へまいりました。
田辺という地名はあちこちにあります。田辺市は和歌山県ですし京都府には京田辺市があります。京田辺市も市になる前は田辺町でした。
で今回の田辺はどこの田辺かと申しますと、ラッキー植松さんの近所の田辺です。

ラッキーさん.JPG

ラッキーさんは近所なので自転車ですが、ワタクシは神戸から電車を乗り継いでまいりましたクソ暑いのに。
まあそれはよいとして、ラッキーさんは基本ダジャレの人です。最年長ですから仕方ないと考えるべきでしょう。
そんなラッキーさんの地元ですから、われわれも暑さにメゲずに元気を出して、

碁.JPG

さて銭湯へ行く前に、ラッキーさんがまちを案内してくれるとおっしゃいます。そこであとをついて行きますと、法楽寺という立派な寺に着きました。

法楽寺.JPG

大きくて妙に綺麗なお寺です。真言宗泉涌寺派の大本山ということで、なんか新品ぽい三重塔がそびえ立っています。

塔.JPG

傍らにはお不動さんが祀られています。

不動.JPG

ちょっと拡大してみましょう。

不動拡大.JPG

このクソ暑いのに、火炎を背負って怒り狂っておられます。何を怒ってらっしゃるのでしょうか。
ふと手前を見ると、こんなお供えが置かれていました。

おそなえ.JPG

紙パックの日本酒です。ストローつきです。このストローで吸えと、お不動さん、このストローをくわえてチューっと吸えと。この紙パック酒をお供えした人はそうおっしゃるのでしょう。
その横手には真っ赤な鳥居が並んでいます。神仏習合というやつですが、これも結構新しい。明治維新の廃仏毀釈から100年たって、ここに堂々と神仏習合が蘇っているようです。

鳥居.JPG

鳥居の奥にはクスノキの巨樹が茂っています。御神木のようですが、なかなかのデカさ。

木.JPG

まあそれはいいとして、こんなものも飾られています。

オットセイ.JPG

この流木みたいなのがオットセイみたいな形をしているということで、ここに祀られています。
流木がまるでオットセイのような不思議な形をしているというのです。



いったいそれがどうしたというのでしょう?



いけませんお寺様のなさることにケチをつけてはいけません。
忘れてましたけど、これが本堂です。

本堂.JPG

いいかげんにしろ、いつ銭湯が出てくるのだ、とお怒りの貴兄。いけません怒ってはいけません。紙パック酒でも飲んで鎮めたまえ清めたまえ。
さて、本道の横にこんなものを見つけました。

大根.JPG

ははーん、どうやらこれがウワサの田辺大根なのかな? 大根風呂にブチこむという。
でもこれは作りもんの模型でした。本物はどこにあるのでしょうか…!?(つづく)
posted by ふろいこか〜 + 銭湯文化サポーター's at 01:26| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 第29回(大阪・いりふね温泉) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月26日

8月号アップ

DSC07421.jpg

こんにちは、タカハマです。
いつもお聞きいただきありがとうございます。

台風が近づいていますね。どうぞ皆さんお気をつけください。

今回は、大阪はこんな所で集合しました。
超晴天のJR南田辺駅。大阪です。
松本さんは不機嫌なわけではなく、まぶしくて目が開けられないだけです。

DSC07336.jpg

そしてどこへ行ったきたのかといいますと。こちらいりふね温泉さんです。

DSC07419.jpg

DSC07409.jpg

もう、出てくるお話は想像を超えたものばかり。
オールマイティ銭湯です。
風情ある銭湯が好きな人も、設備ばっちりが好きな人も、大人も子供も、
近隣の人も、遠くの人も、将棋が好きな人も、ランニングが好きな人も、
趣味じゃなかったわーとは思わないでしょう。
色んな角度から良いとこありすぎなんです。
ご主人のTシャツがまたステキ。

DSC07382.jpg

では、どうぞお聞きください。はーっとため息出ますよ。



<いりふね温泉データ>
住  所:大阪市阿倍野区西田辺町1-2-22
定 休 日:火曜日
営業時間:15:00〜24:30
電話番号:06-6692-6205
HP:http://home.interlink.or.jp/~m-hnc/index.htm

DSC07385.jpg

posted by ふろいこか〜 + 銭湯文化サポーター's at 05:26| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 第29回(大阪・いりふね温泉) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月22日

古い銭湯、新しい出来事!

まいはーい。熱い湯と水風呂の往復に1日のエネルギーの7割方を費やしている松本康治です。

でこの姫路の白浜温泉、昔ながらの古い銭湯なわけですが、昨年末の廃業秒読み状態から一転、この銭湯を愛する人々による愛のおしくらまんじゅうにもまれて、いろいろな新しい事件が次々と起こりました。
そのへんについて詳しくはコチラをご覧くだされ。
http://sairosha.com/furo/sirahama.htm

細かい点にもいろいろと変化が見られます。
ご覧ください。見慣れた白浜温泉ですが、玄関脇の前栽から怖いほどボーボーに茂っていたカイヅカイブキがじゃっかん散髪されているでしょう。

ななめ前.JPG

側面から背後へとまわってみましょう。

斜め後ろ.JPG

夕映えのレンガ浴室が照り輝いて、美しいったらありゃしない。

そしてこの立派なレンガ建築が釜場です。マボロシの近代化遺産であると声を限りに叫ばずにはおれません。

釜場.JPG

この建物自体は変わっておりませんが、中身が変わりました。こいつです!

釜.JPG

ピカピカぎんぎんの釜です。
ぶっとい材木をぶち込めば、あっという間に湯が沸いてしまいます。
このニューカマーによって白浜温泉は息を吹き返し、白浜の地に銭湯文化をつないでいくことが可能になったのです。

傍らにこんなのを発見しました。

くま.JPG

北海道みやげの木彫りのヒグマではありませぬか。
廃材の中に紛れ込んでいたのでしょうか。燃やすにはしのびないと、たぶんおかみさんが取っておかれたものではないかと想像いたします。
アイヌの人が精魂込めて手彫りしたヒグマの置物。彫刻刀の跡に捨てがたい味わいがあります。

きっとこういうことでしょう。
どっかのとっつぁんが北海道出張旅行のおり、味噌ラーメンを食ったあとで立ち寄った土産物店。彼はそこで、さみしげに売れ残っていた1頭の木彫りのヒグマを見つけます。
とっつぁんはそのどこかさみしげな表情に、ふと家で待つ4歳の娘を思い出すのです。
彼は導かれるようにその熊を抱き寄せ、旅の邪魔になるのも厭わずに購入して、旅行かばんにむりやり押し込みました。
そして吹きつける地吹雪にコートの襟をかき寄せながら、重くなったかばんを引きずるようにして青函連絡船のタラップを登ります。彼を見送るのは凍えそうなカモメたちばかり。
こうして木彫りのヒグマは、凍てつく津軽海峡を渡って姫路へとやってきたのです。

そのヒグマがなぜ廃材に紛れ込んでいたのか、それはわかりません。
しかしこれを見つけたおかみさんには、燃やしてしまうことなどとてもできなかった。
ああなんというやさしいおかみさんなのでしょうか!

そうそう、手作りといえば、これです。

hankati2.JPG

当ラジオのタカハマPによる、手染めの白浜温泉てぬぐいハンカチ第2弾です。
白地に熱帯魚が乗っていた第1弾に続いて、8月後半の日曜日に入浴に来られたお客さんには、この青く染め抜かれた手ぬぐいハンカチがプレゼントされているのです!
こんどはヤドカリつきです。

yadokari.JPG

8月の日曜日はもう26日の1回きり。迷わず行きましょう。そしてこのヤドカリハンカチをゲットだぜ!
(数量限定、早いもの順です。もしこの第2弾ハンカチが出払ったら、第1弾の白いハンカチになるかもしれませんのでご了承ください)

そうそう、26日といえば、ふろいこか〜ラジオのオンエア日でもありますね!
さて、こんどの銭湯はどこでしょう。
posted by ふろいこか〜 + 銭湯文化サポーター's at 18:49| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 第28回(兵庫・白浜温泉) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月16日

白浜再び

ラジオファンの皆様、残暑お見舞い申し上げます。
毎日水風呂で極楽を満喫してるラッキー植松です。

さて、今回ワタクシ、仕事があって遅れて参加いたしました。
するとすでに──
shirahama2-l-01.jpg
さおりんPはチューハイでご機嫌、
林さんは「にくてん」とやらを堪能、
松本さんは「ドンキ」で買った新バッグにご満悦。

その間、私ゃ働いて来たっちゅーねん!
ま、それはええとして──

久々にお邪魔した白浜温泉は、プチ改装もなって、外観はちょっと小ジャレたええ感じになってました。
shirahama2-l-02.jpg
女将さん加筆の暖簾も味があります。
shirahama2-l-03.jpg

ラジオの残り部分収録後、皆で入浴、
shirahama2-l-04.jpg
明るい女将さんのお話も竹炭のお湯も、しっかり堪能しましたよ。

そうそう、やっとこボストカードの内部編も出来上がりました。
shirahama2-l-05.jpg
白浜温泉入浴のおみやげにぜひ!


posted by ふろいこか〜 + 銭湯文化サポーター's at 22:35| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 第28回(兵庫・白浜温泉) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。